子ども達に お年寄り やさしい街へ

ご挨拶

日本社会全体が少子化、高齢化、人口減少化の傾向にある中、船橋市もまた市内全体の総人口は増加しつつも、少子化、高齢化が進行しています。

加えて、人口の増減、少子化、高齢化の進行が、地域ごとに大きな差を伴っている点に、船橋市の特徴があります。ご高齢の方々が多くお住まいの地域には、生活を支える医療・介護の施設や事業所、文化・スポーツ活動による交流の場、外出を支える交通の仕組みづくりが求められている一方で、子ども・子育て世代の方々が多くお住まいの地域には、子どもの教育・保育に必要な施設・事業所の整備だけでなく、保護者の方々の子育てを心身ともに支え、安心して家庭と仕事の両立を可能にする取り組みが必要とされています。

また、人口が急増している地域においては不足している公共施設の整備や、地域に長くお住まいの方々と近年お住まいになられた方々双方の、多様な意見を活かした街づくりが課題となっています。他方、人口が減少している地域においては、老朽化する公共施設の今後のあり方や、地域を支える人材の確保に向けて、暮しやすい、生活しやすいという点で、いかに魅力的な街づくりをしていくのか、などの課題の検討が必要となっています。

私は、平成23(2011)年の市議会議員選挙にて当選を賜り、4年間市議会で活動させて頂きました。在任中、市内外各所を視察に訪れ、市内の方や事業担当の方々にご意見を伺う中で明らかになってきた上記の課題を含めた市民生活に関する問題やその対策について、行政の担当者と認識を共有すべく、市議会に於ける質疑・質問を通じて、様々な問題提起や対策の提案を行ってまいりました(在任中の市議会での質疑・質問につきましては、本サイトの「活動記録」より、動画、会議録をご覧頂ければ幸いです)。

しかしながら、平成27(2015)年の市議会議員選挙では,私の力及ばず再選を果たすことは出来ませんでした。街づくりに向けた議員としての取り組みは道半ばとなり、ご支援を頂いた方々にはご期待にお応え出来ず、大変申し訳のない結果で有りました。

私、はまの太郎は、目指す街づくりに向けて、再び市議会で活動させて頂くために、来る市議会議員選挙に立候補致します。33年間、船橋市で生活してきた私に、子ども・子育て世代の方々、ご高齢の方々、障がいのある方もない方も、日々笑顔で暮し、長く住み続けたい思える町づくりに取り組ませて頂きます様、皆様の厚いご支援を、宜しくお願い申し上げます。

PAGETOP
Copyright © はまの太郎 前船橋市議会議員 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.